読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけのこブログ

社会人2年目・愛媛県民2年生になりました。

就職で松山に来て1年。 松山で暮らす社会人2年目の日常です。

愛媛のコシ抜け鍋焼きうどん

f:id:takenoko5572:20160619172804j:plain

 

今日は先日行った、うどん屋さんをご紹介。

 

四国でうどんと言うと、香川の「讃岐うどん」が有名ですが

愛媛にも実は名物のうどんがあるのです。

 

その名も、鍋焼きうどん!

 

写真がそのうどんです。

アルミの鍋に入っていて、甘めのダシと箸で切れるほど柔らかい麺が特徴。

麺のコシがないことから「コシ抜けうどん」とも呼ばれます。

 

私が行ったのは、どちらも地元では有名な「アサヒ」と「ことり」です。

(ちなみに上の写真はことりの鍋焼きうどんです)

2軒とも松山のアーケード・銀天街の1本裏手にあり、

平日はサラリーマンや学生、休日は観光客でにぎわっています。

おじいちゃんとおばあちゃんが作っていて

昔ながらの雰囲気もほっこりします。

 

聞いたところによると、地元の人だとアサヒ派とことり派がいるらしく、

「そんなに味が違うのか」と疑問に思ったので

今回朝イチではしごしてきました。

 

行った結果、味音痴の私でも一目瞭然なほど全然違いました(笑)

アサヒのダシは甘めで醤油ベースっぽい感じ。

それに比べてことりのダシは甘いけど昆布といりこの味がしっかりします。

上にのっている具材もそれぞれダシを吸っておいしかったです。

一緒に頼んだいなりずしもアサヒの方が甘くて、

味がしっかりついていました。

 

個人的には、どちらもおいしかったのですが

柔らかい麺には甘いダシが合うなあという印象だったのでアサヒ派。

讃岐うどんに食べ慣れているせいか、ことりは讃岐うどん寄りな印象でした。

香川だと飲み会の〆にうどん屋に行ったりするので、

ことりは飲んだ後に食べたいです。

夜は開いてないんやけども・・・

 

こうしてまた一つ、松山のソウルフードを制覇しました。

次はどこに行こうかな。